2015年07月24日

マンUがクリスティアーノの復帰を画策


6年のレアル時代を過ごしたクリスティアーノ・ロナウドに、古巣のマンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)が関心を示している。複数のイングランドメディアが報じた。

マンUはかつてのスター選手の復帰に、約8000万ポンド(1億1000万ユーロ)を用意しているようだ。ここ数年間にわたり、この計画は度々報じられてきたが、 今季は新監督ラファエル・ベニテス監督に対して、クリスティアーノがプレシーズンから不満を抱いているとの噂が流れていることからも、移籍の可能性はこれまでで最も現実的といえよう。

クリスティアーノ獲得交渉の鍵は、マンU側の2選手が握っている。マンUは、アルゼンチン代表FWディ・マリアを7000万ユーロでパリ・サンジェルマンに売却する可能性があり、その売却額を得られた場合にクリスティアーノ獲得への資金にするという。また、レアルがマンUからGKデ・ヘアを獲得した場合に、その見返りとしてクリスティアーノを差し出す可能性もあるという。

2009年以来レアルでプレーするクリスティアーノは、最近クラブとの契約を2018年まで延長したばかり。他にもチェルシーやマンCなどの強豪プレミアクラブも獲得を狙っているというが、果たして世界的スター選手のプレミア大型復帰は実現するのだろうか。

コピーライトマークFUTEBOL DE SAUDADE
日本発!ポルトガルサッカー情報
ポルト、ベンフィカ、スポルティングを中心に、ポルトガル関連ニュースを網羅
posted by Futebol de Saudade at 22:14 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。